信用売り・空売りについて基本的な解説を初心者でも分かるように優しく紹介しております。


 ネットで株式投資入門ナビ!
   初心者の為のオンライントレード入門サイト!
ホームサイトマップ

トップページ>信用取引入門講座>信用売り(空売り)について

信用売り・空売り


「信用売り」(空売り)とは株を売ってそれを買い戻すことで利益を稼ぐ取引方法のことです。

つまり通常の株取引とはまったく逆になるということなんです。
出来るだけ高く売って安く買い戻せばその差額が利益になります。これから値下がりする銘柄を探して高いところで取引を開始し、安くなったところで買い戻す投資方法になります。

仕組みを具体的に説明しますと、まず信用売りしたい銘柄に「信用新規売り」注文を出します。
約定した場合、買い手から代金を貰う為には買い手に株を渡さなければなりません。
そこで証券会社から株を借りて買い手に株を渡し代金を貰うことになります。

しかしこれだけでは終わりません。証券会社に借りた株で貰ったお金は証券会社が預かることになります。
売った株数と同じ株数を市場で買って証券会社に返し、初めて買い手から受け取ったお金が自分のお金になるんです。

始めに売った株価金額より、安く買い戻すことが出来れば、その差額が儲けになります。
返済用の株を安く買えれば買えるほど単純にもうことになります。

簡単に言いますと60万円で売った株を40万円で買い戻せば、差額の20万円が利益になるわけです。

ただ注意すべき点としては下記のようなことがあります。

■ 信用売りには出来る銘柄と出来ない銘柄がある。

すべての銘柄で信用売りが出来るわけでは無いんです。ネット証券口座で銘柄情報を見ると情報が掲載されていますのでよく確認しましょう。

■ 借りた株の返済期限は6ヶ月が一般的です。

借りた株はいつ返しても良い訳ではありません。通常は6ヶ月の期日が定められています。
それに借りている株にも金利が付きますので注意が必要です。

 株式投資入門編
 無料で開設ネット証券の紹介
 ネット証券にお得なネット銀行
 銘柄選びに役立つ指標紹介
■ 投資スタイルの紹介
 信用取引入門講座
トップページへ戻る>
・信用取引を始めるにあたって
 信用取引って何ですか?
 信用取引の始め方
 信用取引のメリット
 信用取引の審査について
・信用取引の取引方法
 信用買いについて
 信用買いでかかるコスト
 信用売り(空売り)について
 信用売りでかかるコスト
・信用取引これだけは知っておこう
 制度信用と一般使用の違い
 配当や株主優待について
 追証って何ですか?
 逆日歩って何ですか?
 委託保証金って何ですか?
 現引きって何ですか?
 現渡しって何ですか?
 信用規制って何ですか?
 信用銘柄選びのチェックポイント
 信用取引おすすめ証券会社
 株式用語集
 上へ戻るホーム
※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
◆ 質問、要望、相互リンク、雑誌の取材等は「お問い合わせ」までお願いします〜♪(~o~)。