信用取引の制度信用と一般信用の違いについて基本的な解説を初心者でも分かるように優しく紹介しております。


 ネットで株式投資入門ナビ!
   初心者の為のオンライントレード入門サイト!
ホームサイトマップ

トップページ>信用取引入門講座>制度信用と一般信用の違い

制度信用と一般信用の違い


「信用取引」には、証券取引所が決めた「制度信用取引」と、証券会社が決めた「一般信用取引」の2種類があるんです。

ここではこの2種類の違いについて解説します

制度信用取引
制度信用取引とは、証券会社が銘柄を選定し、コストなどルールを決めて行われるもので、一般的に広く行われている信用取引のことです。
取引所が決めた決済の期限、逆日歩などにより行われる信用です。
一般信用取引
一般信用取引とは、証券会社が顧客との間で、期限やコストなど自由に条件を決めて行うことが出来る信用取引です。最近多くの証券会社が行っている「無期限信用取引」は、この一般信用の一種であり、これは決済期限のない信用取引ということです。(通常は6ヶ月)一般信用取引は証券会社によっては設定していないところもあります。

一般的に金利負担は制度信用よりも重くなることが多いです。

 株式投資入門編
 無料で開設ネット証券の紹介
 ネット証券にお得なネット銀行
 銘柄選びに役立つ指標紹介
■ 投資スタイルの紹介
 信用取引入門講座
トップページへ戻る>
・信用取引を始めるにあたって
 信用取引って何ですか?
 信用取引の始め方
 信用取引のメリット
 信用取引の審査について
・信用取引の取引方法
 信用買いについて
 信用買いでかかるコスト
 信用売り(空売り)について
 信用売りでかかるコスト
・信用取引これだけは知っておこう
 制度信用と一般使用の違い
 配当や株主優待について
 追証って何ですか?
 逆日歩って何ですか?
 委託保証金って何ですか?
 現引きって何ですか?
 現渡しって何ですか?
 信用規制って何ですか?
 信用銘柄選びのチェックポイント
 信用取引おすすめ証券会社
 株式用語集
 上へ戻るホーム
※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
◆ 質問、要望、相互リンク、雑誌の取材等は「お問い合わせ」までお願いします〜♪(~o~)。