ローソク足の解説。チャートの見方や使い方の解説





銘柄選びに役立つ指標を解説

ローソク足-株価チャートの解説-

「ローソク足」とは株価の始値、終値、高値、安値が一目でわかるグラフのことです。

株ローソク足は、形がローソクに似ていることから名付けられました。
始値・終値・高値・安値の4つの値段から作られ、1本で1日の動きを表すものを「日足」1週間の動きを表すものを「週足」といいます。

始値と終値で「胴体」を作り、高値と胴体の上側を結ぶと「上ひげ」、安値と胴体を結ぶと「下ひげ」になります。
終値が始値より高い時(上昇して終わった)は胴体を白く(陽線)、安い時(下落して終わった)は黒く(陰線)ぬります。




短中長期の投資の場合は、売買のタイミングをはかるのに日足を使い、大きな流れを見るときには週足を使います。

ローソク足だけみても、例えば下落が続いたあとに長い下ひげが出れば、一時的に大きく安値をつけたものの、その後は買いが入って安値が続かなかったことを示しており、上昇に切り替わるんじゃないか?という予想なども出来ます。




※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved