PER(株価収益率)の解説。





銘柄選びに役立つ指標を解説

PER(株価収益率)-銘柄選びに役立つ指標を解説-

「PER」とは株価収益率とも言い、株価を1株利益で割ったもので、株価が1株利益益額の何倍かを表す指標です。

これは企業の収益面からその株価が割安かどうかの指標として使われます。

たとえば1株利益が100円の銘柄の株価が1,000円だとすると、PERは10倍というこになります。
1株利益が100円のままで株価が2,000円だとすると、PERは20倍ということです。

1株における収益が変わらないのに株価が高いということは、割高だというこになりますが、その業種の平均PERが20倍だとすると10倍の方の銘柄は割安というこになります。

PERが低いということは、1株当たり利益などの財務数値と比べて株価が低いことを意味します。
このような銘柄は、いずれ1株益、1株株主資本に見合ったレベルまで株価が上昇する可能性が高いと考えられます。

では実際にどれくらいの水準だとPERが低いのかということですが、具体的には所属する業種の平均値を調べ、各銘柄との数値を比較してみなければ分かりません。

足元の業績が好調にもかかわらずPERが平均値を下回る銘柄は割安だと言えると思います。

こういう銘柄は正当な評価を受けず割安に放置されている可能性が高いので、いずれ業種平均のPERまで上がってくる可能性が非常に高いといえます。

ただ注意点としましては、決算期などに不動産や有価証券の売却益が計上されると一時的にPERが低くなることがありますので特別損失の有無を確認しましょう。






※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved