成行注文・指値注文の解説。ネット証券での株式投資における様々な注文方法の解説。





ネット証券口座の紹介

成行注文・指値注文-注文方法について解説-

株式投資の注文方法には、大きく分けて2つあります。
それが「成行注文」「指値注文」です。

最近では他にも多彩な注文方法がネット証券各社によって提供されていますが
この2つの注文方法は昔からある最も基本的な注文方法なんです。

ではこの2つの注文方法について解説していきます。


  • 成行注文(なりゆきちゅうもん)
    成行き注文とは、値段を指定せずに、今現在取引されている値段で購入・売却するという注文方法です。
    現状でその銘柄の株価で売りに出している人の中で、一番安い値段で購入するということなんです。
    急いで買いたい場合や、明らかに割安で、いつ買っても良いといった場合に注文する方法で、取引手数料もあらゆる注文の中でも最も安い金額となっております。

  • 指値注文(さしねちゅもん)
    指値注文とは、値段を指定して購入・売却する注文方法です。
    例えば現在の株価が20万円だとすると、25万円になったら買う・売るといった注文のことなんです。
    いくらまで上がったら買いたい・売りたいといった、タイミングをみて売買する場合に使います。
    値段を指定出来るぶん通常は取引手数料が成行注文に比べて若干高くなります。

他の注文方法も基本的には上記の注文方法の応用ですので、まずはこの2つの注文方法をキチンと覚えておきましょう!





※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved