株式投資における利益を上げる為の仕組みの解説。





株式投資入門講座

どうすれば利益になるの?-株式投資入門講座-

株はどうすれば儲かるのかというと、答えは簡単です。買った値段よりも高い値段になった時に売ればいいんです!
まず売買の仕組みから説明しますと、株は売りたい人と買いたい人の株を証券所というところで売買しています。株は売りたい人がいないと買うことが出来ません。
つまり売りたい人の売りたい値段で買うことになります。もちろん売りたい人がたくさん居た場合は、その中での一番安い値段で買うことが出来ます。

自分の買った値段よりも高く売るためには、やはりその会社の株価がさらに上昇する可能性があるかどうかを調べる必要があります。これにはやはり1冊でも良いので株の本を読まれることをオススメします。

株価が自分の買った値段よりも上がった場合、その差額が自分の利益となります。手数料や税金が引かれますので100%の差額が利益になる訳ではありませんが、これが株式投資による儲けとなるわけです。

ただ保有しているだけではあくまで含み益であって確定はしていません。株を売ることによって初めて自分のお金になるんです。

反対に株価が自分の買った値段よりも下がった場合はどうするのか?
当然のことながらその差額が損をすることになります。しかし株式市場の世界では毎日のように株価が上下していますので売らずに持っていれば、また上がってくるこも当然あります。

株式市場の世界では主に2つの株価の行方を調べる方法があります

■ 株価の行方を調べる方法

 ● テクニカル分析
   チャートと呼ばれる株価の過去の推移表で今後の動きを読む方法。
 ● ファンダメンタルズ分析
   会社の業績や利益、売り上げの伸びなどの数字を見て今後の動きを読む方法。


※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved