キャッシュフロー計算書の解説。





銘柄選びに役立つ指標を解説

キャッシュフロー計算書-銘柄選びに役立つ指標を解説-

「キャッシュフロー計算書」とは実際の資金の流入と流出を表しています。

これは2000年3月期から開示が義務づけられるようになりました。
大切なのは営業キャッシュフローで、これは本業でどれだけキャッシュを稼いだかを示しています。

一方、投資キャッシュフローでは投資設備や資産の購入に伴う資金の流失
売却に伴う資金の流失が分かります。

財務キャッシュフローは銀行からの借り入れによる資金の流入、株主への配当支払いによる資金の流失などが分かります。

営業キャッシュフローがプラスで、投資キャッシュフローがマイナスということは、本業で稼いだお金を
次の成長のための投資に充てているということになるんです。

これらの情報はネット証券のツールもしくは、会社四季報という本に掲載されていますので
一度チェックしてみてくださいね!






※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved