企業の格付けの解説。





銘柄選びに役立つ指標を解説

企業の格付け-銘柄選びに役立つ指標を解説-

「格付け」とは格付け会社が企業の安全度を示す評価を示したものです。

日本で格付けをしている主な会社は、「格付投資情報センター」「日本格付研究所」「米スタンダード&プアーズ」「米ムーディーズ」の4社です。

各社とも最も安全性の高いトリプルA(AAA)から10段階前後で格付けを行っています。

格付けは企業が発行する社債の元金や利子がデフォルト(債務不履行)に陥らず、期限までに償還される返済能力をみて判断されているんです。

したがってガス会社や電力会社など、安定して現金を稼げる企業が高い評価を得るようになる傾向があります。
ですが、長期投資でみた場合の安全性は示すものとしては信頼性が高いですので、便利に使ってみるの良いと思います。

ただし、すべての企業が格付けを取得している訳ではありません。これは企業がわざわざ依頼して取得しているものですので、格付けがあること自体が財務に自身のある証拠だとも言えます。

これらの情報はネット証券のツールもしくは、会社四季報という本に掲載されていますので一度チェックしてみてくださいね!






※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved