株式投資についての基礎的な知識や始め方から、ネット証券会社の紹介まで初心者でも分かり易く紹介しています!


 ネットで株式投資入門ナビ!
   初心者の為のオンライントレード入門サイト!
ホームサイトマップ

株式用語集や行


あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

ヤ行 約定値段
 やくじょうねだん

売買の結果、成立した価格のことを「約定値段」といいます。


ヤ行 安値
やすね

一日のうちで最も安い値段。


ヤ行 有価証券報告書
ゆうかしょうけんほうこくしょ

上場会社、店頭登録会社(店頭管理銘柄発行会社を含む。)、有価証券届出書提出会社、その他過去5年間において事業年度末日時点の株主数が500人以上となったことがある有価証券の発行者が、証券取引法(第24条)に基づき、事業年度終了後3カ月以内に提出を義務づけられている書類をさします。
当該有価証券の発行者の事業年度ごとに当該事業年度の営業及び経理の状況その他の事業の内容に関する重要事項を記載しています。
なお、東京証券取引所に上場している上場会社の有価証券報告書については、東証アローズ内のインフォメーション・テラスで公衆縦覧されています。


ヤ行 有償増資
ゆうしょうぞうし

会社が資本金を増加することを増資といい、投資者より払込を受けて新たに株式を発行する形で行うことを有償増資といいます。
有償増資の形態は、株主割当増資・第三者割当増資・公募増資の3種類があります。


ヤ行 優先株
ゆうせんかぶ

普通株式に比べて、利益配当や残余財産の分配について、優先的な取扱いを受ける株式をいいます。
優先株には、優先的な取扱いの条件の組み合わせによって、普通株式に近いものから、社債に近いものまで、様々なタイプのものがあります。


ヤ行 陽線・陰線
 ようせん・いんせん
価格や売買高などの様々な統計データをグラフ化・指標化したものを「チャート」と言い、主なものとして始値、高値、安値、終値のいわゆる四本値を表した「ローソク足」があります。

その日の終値が始値より高ければ、始値を起点にして終値まで白い帯を描き、逆に終値の方が安ければ黒い帯を描きます。前者を陽線、後者を陰線といいます。なお、高値と安値は、それぞれ上ヒゲと下ヒゲと呼ばれる細い線で表します。

ヤ行 呼値
 よびね

会員が取引所の市場において売買を行おうとする際に、その売買注文の内容、例えば、売りか買いかの別、値段等を表示することをいいます。


ヤ行 寄り付き
 よりつき

取引所の売買は午前9時から始まりますが、最初の売買のことを「寄り付き」といい、その時の値段を「始値」と呼んでいます。
また、昼休みをはさんで開始される後場の最初の取引を「後場寄り」と呼ぶこともあります。



 上へ戻るホーム
※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
◆ 質問、要望、相互リンク、雑誌の取材等は「お問い合わせ」までお願いします〜♪(~o~)。