株式投資についての基礎的な知識や始め方から、ネット証券会社の紹介まで初心者でも分かり易く紹介しています!


 ネットで株式投資入門ナビ!
   初心者の為のオンライントレード入門サイト!
ホームサイトマップ

株用語集な行


あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

ナ行 成行注文
なりゆきちょうもん

「成行注文」は、指値注文と違い、投資者が証券会社に注文を出すときに、例えば「○○食品を成行で、1,000株買って(売って)ほしい」というように、売買値段を指定しない注文です。従って、この注文は、売買を早く確実に執行したいときに利用されます。
 ただし、出来高の少ない銘柄や市場価格の変動の大きいときには、意外に高い(安い)値段で売買が成立することもあります。


ナ行 ナンピン
なんぴん

難平のカナ書きで、ナン(難)は損で、損を平均することです。株式売買におけるひとつの売買手法で、たとえば手持ちの株が買った値段よりも値下がりした時、その銘柄を買い増して、買い値の平均を下げることを「ナンピン買い」といいます。


ナ行 値がさ株
ねがさかぶ

株価水準の高い株式のことです。値段がいくら以上の株式が「値がさ株」という定義は特にはありません。その時点の相場全体の水準によって変わるといえます。


ナ行 値幅制限
ねはばせいげん

大幅な需給の偏向や過当投機などによって市場価格が変動したりすると、投資者に投資判断を誤らせ、不測の損害を与えるおそれがあります。そこで、取引所では、1日の価格の変動幅を基準値段(前日の終値等)から上下一定範囲に制限しています。
 これが「値幅制限」です。その制限値幅の上限まで上がることをストップ高、下限まで下がることをストップ安といいます。


ナ行 年初来高値
ねんしょらいたかね

年初から現在までに取引された中で最も高い値段。


ナ行 年初来安値
 ねんしょらいやすね

年初から現在までに取引された中で最も安い値段。



 上へ戻るホーム
※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
◆ 質問、要望、相互リンク、雑誌の取材等は「お問い合わせ」までお願いします〜♪(~o~)。