株式投資の口座開設から売買までのプロセス(流れ)を初心者にも分かり易く解説します。





株式投資入門講座

株を買うまでのプロセス-株式投資入門講座-

ここでは、株を購入するまでのプロセスをごく簡単に紹介します。
長々書くと逆に分かりずらくなると思いますので、簡潔にご説明しますね!

1・証券会社に口座を開く。
株を売買する為には証券会社に口座を開く必要があります。
口座開設の書類を取り寄せ、必要事項を記入、捺印して、本人確認書類を同封して返送すると1〜2週間くらいで開設出来ます。

2・口座にお金を入金する。
ネット証券の場合には、基本的には前金制です。つまり、株を買う前に口座に必要入金額を入金しておく決まりになっているんです。
そしてその入金額の範囲内で株の取引をすることが可能になります。

3・買う株を選ぶ。
業績、将来性、資産の安全性などから見て良い株を探し、さらに、そうした株の中からPERなどの指標で割安な株を選びます。
「良い株を割安に買う」ことが株の基本といえます。

4・買い注文を出す。
ネット証券の注文画面を開き、銘柄コード、市場、株数、注文種類、価格、期間等を入力またはチェックして、パスワードを入力して注文します。

5・買えたかどうかを確認する。
注文を出したからといって、必ず買えるとは限りません。注文が約定したかどうかは、証券会社にログインした画面で確認出来ます。
またメールなどで通知することが出来る設定もあります。

6・値上がりしたら売却する。
買った株は「目標価格まで値上がりした」か「買ったのは失敗だったと判断した」ら売却します。
売却の注文の出し方は、基本的には買い注文と同じです。


※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved