株式分割とは何ですか?株式投資における株式分割の解説。





株式投資入門講座

スクリーニングとは何ですか?-株式投資入門講座-

「株式分割」とは、発行済み株式を一定の比率で分割し株式数を増やすことです。

例えば、1株を2株に分割する場合、1,000株を保有している株主の持ち株数は2,000株に増えます。
それに伴い、需給が緩むため株価も理論上の2分の1、つまり1,000円だったものが500円になるんです。

株式分割の効果は流動性が高まるとともに、株価が下がるため、最低投資額も低下し、売買の活性化と株主数の増加も期待できます。

東証も個人株主が購入しやすいように、1投資単位当たりの金額が50万円以下になるように奨励していることもあり、最近では株式分割をする企業も増えております。

配当金を据え置いた場合は、実質的には増配となります。
ただ株式分割発表をすると同時に株価が上値を追い始めたり、買い気配で株価が急落したりすることもありますので、初心者の方はスグには手を出さない方が良いと思います。

最近では03年12月にライブドアが1株を100株に分割するという大幅な株式分割を行いこれを材料に株価は15日連続してストップ高となったりしました。

もちろんその反動で一気に暴落していきましたが・・・っとこういう事例もありますので十分に注意して購入を検討して下さいね。


※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved