信用取引の委託保証金について基本的な解説を初心者でも分かるように優しく紹介しております。


 ネットで株式投資入門ナビ!
   初心者の為のオンライントレード入門サイト!
ホームサイトマップ

トップページ>信用取引入門講座>委託保証金って何ですか?

委託保証金


「委託保証金」とは信用取引における担保のことを意味します。

委託保証金は通常の場合、株や現金、債券などを証券会社に預けることになります。
株の場合はだいたい時価の約80%が担保価値として計算されるんです。

例えば、20万円の現金と10万円の株券を委託保証金にする場合は
20万円+(10万円×0.8)=28万円となります。
よって信用取引では委託保証金の約3倍まで取引が出来ますので
約84万円分の取引を行うことが出来るようになるわけなんです。

逆説すると、84万円分の信用取引をする為する為には、28万円分の委託保証金が必要になり、率でいえば約30%となり、これを「
委託保証金維持率」と呼びます。

注意しなければならないのは、委託保証金に株券が入っている場合は、その株券が値下がりすると、その値下がりに80%かけた分だけ委託保証金も減額されることになるんです。

例えばさっきの例でいくと、10万円分の株券が8万円に値下がりしたとします。
20万円+(8万円×0.8)=26万4千円となり、約1万6千円分の委託保証金が減額されるんです。

もしも信用取引を使って売買した株を保有している状態にあると「追証」といって、この1万6千円分の現金や株券をさらに追加で委託保証金に入れなければいけなくなるんです。

ですので、信用取引をする場合は必ず余分な現金を残しておくようにしましょう!

 株式投資入門編
 無料で開設ネット証券の紹介
 ネット証券にお得なネット銀行
 銘柄選びに役立つ指標紹介
■ 投資スタイルの紹介
 信用取引入門講座
トップページへ戻る>
・信用取引を始めるにあたって
 信用取引って何ですか?
 信用取引の始め方
 信用取引のメリット
 信用取引の審査について
・信用取引の取引方法
 信用買いについて
 信用買いでかかるコスト
 信用売り(空売り)について
 信用売りでかかるコスト
・信用取引これだけは知っておこう
 制度信用と一般使用の違い
 配当や株主優待について
 追証って何ですか?
 逆日歩って何ですか?
 委託保証金って何ですか?
 現引きって何ですか?
 現渡しって何ですか?
 信用規制って何ですか?
 信用銘柄選びのチェックポイント
 信用取引おすすめ証券会社
 株式用語集
 上へ戻るホーム
※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
◆ 質問、要望、相互リンク、雑誌の取材等は「お問い合わせ」までお願いします〜♪(~o~)。