外国人持ち株比率の解説。





銘柄選びに役立つ指標を解説

外国人持ち株比率-銘柄選びに役立つ指標を解説-

「外国人持ち株比率」とは発行済み株式の外国人がもっている比率を表しています。

日本の株式市場における外国人のシェアは実に4割とも言われてまして、ますます存在感を増しています。
それ故に、この外国人投資家の動向を無視することは出来ません。
あのバブル崩壊も基本的にはかれらの売りが売りを誘い始まったものでした。

外国人持ち株比率が高いということは、国際的にも認められた優良銘柄ということを意味します。
外国の機関投資家に注目された銘柄は、国内機関投資家も買いに入るケースも少なくありません。

外国人の買い越し、売り越しの動向次第で、市況が大きく左右されることも少なくありませんので十分な注意が必要なんです。

ただし、外国企業の子会社や、事業提携などで出資を受けている会社については、当然のことながら外国人持ち株比率が高くなっています。

これらの情報はネット証券のツールもしくは、会社四季報という本に掲載されていますので一度チェックしてみてくださいね!






※ 株は全て自己責任でお願いします。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。
※ 当サイトの内容を無断でコピーまたは転載するこを禁止しております。
※ 当サイトはリンクフリーとなっております。リンクする際はメールで一言お願いします。

Copyright 2004-2007 ネットで株式投資入門ナビ! All Rights Reserved